つきやま歯科医院 専門医療センター天神

「自分の歯のようにかめる喜び」 インプラント療法

つきやま歯科医院本院が南区井尻に開院して以来、まず削らない、抜かない、自分の歯を生涯利用する事を一番の患者さん利益として追求してまいりました。生涯、歯を残すために最も重要な手段として定期的な予防メインテナンスが必要です。しかしながら不幸にして治療の繰り返しの末、歯を失う方、先天的に歯が生えてこない方など、まだまだ多くいらっしゃいます。
その方々の悩みに向き合い、答えていくための解決方法の1つがインプラント治療です。院長:築山鉄平は、日本で初めてそして唯一アメリカとヨーロッパでの両インプラント認定医を取得したインプラントのスペシャリストで、副院長:木戸淳太は日本国内でも10人程度しか取得していないADA(アメリカ歯科医師会)の認定補綴(ほてつ)専門医です。
一般的な症例から極めて難易度が高い症例まで、多くの知識、技術、経験を有しています。ぜひ、自分の歯のように食事をする喜びを取り戻して頂きたいと思います。
インプラント療法は、適切に施され、かつ患者さんの協力が得られるならば、長期的にわたりご満足いただけるものです。しかしながら、すぐ目の前の問題点の解消を最優先にして、喧伝盛んに安易なインプラント治療がまるで最先端であるような最近の歯科医療には懸念を抱いております。
そういう観点からもセカンドオピニオン、サードオピニオンも遠慮なくご相談ください。

  • 2017年ヨーロッパインプラント学会インプラント認定医 授与式

  • ヨーロッパインプラント認定医 最優秀講演の名誉にあずかりました

  • この中にインプラント治療を行った歯が8本あります。どれだか分かりますか?
    専門医としての知識と技術を総動員することで、
    まるで自分の歯と見紛うかのような治療結果を現実にすることも可能です。