24時間初診ネット予約 初診限定|ネット予約はこちら
無料問い合わせフォーム 無料相談はこちら
つきやま歯科医院 専門医療クリニック天神

定期的に通っていたのに「重度歯周病で抜歯」と言われた患者さんへ
														・何とかして歯を残したい
														・どんどん歯を失っていくのが不安
														・骨がなくてインプラントはできないと言われた
														ぜひ一度、セカンドオピニオン外来にご相談ください。
														国内、海外問わず論文の執筆及び講演多数米国歯周病学会歯周病インプラント認定医
														築山鉄平

定期的に通っていたのに「重度歯周病で抜歯」と言われた患者さんへ
														・何とかして歯を残したい
														・どんどん歯を失っていくのが不安
														・骨がなくてインプラントはできないと言われた
														ぜひ一度、セカンドオピニオン外来にご相談ください。
														国内、海外問わず論文の執筆及び講演多数米国歯周病学会歯周病インプラント認定医
														築山鉄平

scroll

他院で「抜歯」
言われてしまった歯も、
残すことができる場合があります。

他院で抜歯を勧められた数多くの患者さんが、セカンドオピニオンに来院されています。
国内にわずか13名のアメリカ歯周病専門医である院長が、正確な診査・診断を行い、
再生療法をはじめ、様々な選択肢を駆使して重度歯周病の治療を行います。

アメリカ歯周病専門医とは?
日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDA(食品医薬品局)に認定された大学で、3年から4年間の厳しい歯周病専門医過程を終了した歯科医師にのみに授けられる専門医資格です。
さらに、アメリカ歯周病学会認定医委員会による筆記試験、3時間に及ぶ口頭試験をパスすることにより一段上の認定資格であるアメリカ歯周病学会ボード認定医という資格を授けられます。
現在日本で活躍する同じ資格を持つ13名の歯周病専門医は大学教授から開業医の先生まで多くのフィールドで活躍しています。

3 Strong Features of Diplomat of Periodontologyアメリカ歯周病専門医の特徴

Doctor Informationアメリカ歯周病専門医築山 鉄平

経歴
  • 2001年 九州大学歯学部 卒業
  • 2006~2009年 タフツ大学歯学部歯周病科 最優秀臨床賞
    (Certificate of Excellence)受賞
  • 2009年 米国歯周病学会 歯周病インプラント認定医 取得
    (Diplomate, American Board of Periodontology)
  • 2009~2010年 タフツ大学歯学部審美補綴フェロー
  • 2014年 タフツ大学 招聘臨床助教授
    (Visiting Clinical Assistant Professor)
  • 2017年 ヨーロッパインプラント学会(EAO)認定医取得
    (アメリカ、ヨーロッパのインプラント認定医取得は日本人初)
詳しくみる

Treatments重度歯周病の治療方法

重度歯周病の治療にあたっては、
複数の治療方法を組み合わせて一人一人の患者さんに最適な治療計画を立案します。
それらのどれ一つをとっても、世界水準の確かな技術力が求められる難しい治療法です。

3 Reasons Why People Choose Us大学病院ではなく、
当院が選ばれる3つの理由

当院には、大学病院では治療が難しい重度の歯周病患者さんが多数来院されています。

当院が選ばれる理由1

時間的なメリット
  • 紹介状が必要ありません
  • 予約が取りやすく、速やかに専門的な検査が受けられます
  • 毎回の治療もスピーディに進み、治療期間を大幅に短縮することが可能です

当院が選ばれる理由2

技術的なメリット
  • 世界的に権威あるアメリカ歯周病専門医である院長の築山鉄平が、
    すべての歯周病治療を担当します
  • 予約が取りやすく、速やかに専門的な検査が受けられます
  • 大学病院では導入されていない、世界水準の新しい術式に対応しています

当院が選ばれる理由3

総合的な診療体制
  • 大学病院では、各診療分野で担当が異なりますが、
    当院では虫歯の治療、かみ合わせの治療、インプラント治療など、
    総合的な診療を受けることが可能です

Limitations of periodontal insurance保険内での歯周病治療の限界

保険による歯周病検査の限界

保険診療を遂行するためには、保険診療のルールに従った検査を行わなければなりません。その検査は、実施のタイミング、その内容が厳格に規制されており、その規制を少しでも逸脱しようものなら、保険が全く適用されません。残念ながら、臨床的な必要性にそぐわない場合も多くあります。
よって、より精密な診断とその後のより良い治療を希望される方には、保険診療の枠組みを越えた様々な検査をお勧めします。

保険での歯周病治療の限界

治療期間の長期化
保険診療のルールでは、1回の来院で行うことができる治療内容、治療部位が限定的になるよう指導されているため、そのルールに従う場合、少しずつしか治療を進めることができず、結果として来院回数が増え、治療期間が長くなる傾向が強いです。
一方、自由診療においては、そういった制限がないため、短期間・痛みも少なく、保険治療よりも格段に効果のある歯周病治療を提案・提供することが可能です。
薬剤の制限
治療に使用する薬剤の種類、使用法も健康保険では厳密に決められています。しかしながら、健康保険では適用になっていない種類の薬剤とその用法が国際的に推奨される場合もあります。 例としては、慢性の歯周病の治療のために抗生物質を服用することは保険診療では認められていませんし、歯周基本治療後に生じる痛みの緩和のための鎮痛剤投与も厳密には認められていません。

重度歯周病は、とても難しい病気で簡単に治るものではありません。
ただし、当院を頼って来ていただいた患者さんには、
持てる最大限の力で治療に当たり、残せる歯を残すことを追求します。

そして、ただ単に「治す」のではなく、更に一歩上の、 「美しく治す」 ことが私たちの最大の強みです。

ボロボロのお口の治療をはじめ、
最終的には、想像もつかないような美しい口元で思いっきり笑える、
患者さんの人生に彩を与えられることが私たちの最大の喜びです。

治療の痛みが怖い方へ
ご安心ください。

当院では、全ての治療において、麻酔科専門医との連携により、静脈内鎮静法という麻酔を用いて眠った間に治療を行うことが可能です。この静脈内鎮静法では、痛みも感じることなくずっと口を開けている苦痛もありません。

60分無料相談受付[セカンドオピニオン対応]

※全てのカウンセリングは、アメリカ歯周病専門医の築山鉄平が担当します。

ご予約

お電話、もしくはオンライン予約フォームから無料相談にお申し込み下さい。

各種検査

必要に応じて、パノラマレントゲン、CT撮影を行い、お口の中の状態を拝見します。他院での検査結果のデータや、治療計画・見積もりなどをお持ちの方は、持参いただいても結構です。

カウンセリング

検査データに基づいて、アメリカ歯周病専門医で院長の築山鉄平が、現在の歯周病の状態と抜歯すべきかどうかの見解をお伝えし、考えられる治療法について説明致します。

※全てのカウンセリングは、アメリカ歯周病専門医の築山鉄平が担当します。

60分無料相談に予約する 電話予約092-738-8028
トップへ戻る